【TOPICS】日本の児童養護の現状

5月26日 今日のTOPICS

日本の児童養護の現状

✔️いったん施設に入った子どもたちの約7人に1人は、10年以上をそこで過ごすことになる。子どもたちは家族的な環境の中で育成されるべき、という国連ガイドラインからは程遠い。

✔️政府は2018年夏、おおむね7年以内に保護が必要な未就学児の75%を里親に預けること、および特別養子縁組の成立件数を5年以内に倍増させて、年間1000件以上とする方針を示した。

コメント

現状の日本では施設に預けられている子ども、3万8000人のうちの8割が児童養護施設で過ごしています。

国の指針では今後家庭で育つ子どもの数を増やすとしていますが、現状の施策や人員では達成はかなり困難なのではないか、と感じています。

ツールバーへスキップ