【TOPICS】増え続ける特定妊婦

5月8日 今日の養子TOPIC

✔️特定妊婦という言葉をご存知でしょうか?特定妊婦とは行政による何らかの支援が必要な妊婦のことを指しています。

✔️この記事はとあるNPO団体と、そこにお世話になった特定妊婦のお話です。

コメント

今回この記事に出てくる団体さんはBabyぽけっとさんです。

辻村深月さんの小説『朝が来る』に出てくる団体もBabyぽけっとさんがモデルとなっているようです。

この『朝が来る』の主人公、片倉も中学生の時に妊娠し、特定妊婦となり出産までを見届けれくれるシェルターにて過ごすシーンが描かれていました。

「(一番若い妊婦は)14歳かな。たくさんいますよ、中学生は。帰る家もない、頼れる人もいない、お金もない、仕事もない。ないもの尽くしの女性ばかり」(NPO法人「Babyぽけっと」 岡田卓子 代表)

特定妊婦が増え続けているのも事実です。

望まない妊娠をしてしまった人に対して早急なケアや支援が求められています。

ツールバーへスキップ