【TOPICS】特別養子縁組をテーマにした小説が映画化

5月30日 今日のTOPICS

特別養子縁組をテーマにした小説が2020年に映画化

✔️辻村深月さんの「朝が来る」が2020年に映画化が決定

✔️小説「朝が来る」は『特別養子縁組』をテーマに当事者の子ども・実母・養親、それぞれの視点から、「生きること」についての思いが溢れる1冊。

コメント

友人に「養子がテーマの本があるよ」と進められて「朝が来る」を読みました。

事情がありお腹に宿した子どもを手放さなければならなくなった産みの母親、そのお腹に我が子を感じていく過程に何度も何度も涙しました。

私自身、自分の産みの母親の気持ちはわかりませんが、物語の中に出てくる産みの母親の気持ちを知り「こうであったらいいな」と、この本にすごく救われた部分があります。映画化、今からとても楽しみです。

ツールバーへスキップ